( néant )

消費期限切れの言葉たち

Reflection Eternal: Finding Solace in Words


www.youtube.com

 

さびしいとき、

かなしいとき、

心の奥の方がきゅーっと締めつけられて、

どうにもこうにも上手く立ち回れずに、

死にたくなったとき。消えたくなったとき。

 

救いを求めて、打ち込む言葉。

「Reflection Etenal」

 

さぁ、今宵も、心をほぐしてくれよな。

 

 

いのちの電話はまだ必要ないし、

119番するような悪い場所もない。

 

ただ、ただ、心の中にある古傷が蘇っただけ。

 

 

言葉だけで綴ると、すごく重症みたいだけど。

全然そんなことない。久しぶりの感情が蘇っただけ。

 

 

もうすぐ誕生日がやってくる。

どうやら34歳になるらしい。

34年間もどうやって生きてきたか覚えていない。

なんとなく苦しみ、なんとなく迷い、なんとなく甘えながらも

なんとなく、支えられたおかげで生きてこれた。

 

今は、インスタで長文投稿することもなく。

ブログを書くのももちろん、ツイッターでつぶやくような事も、熱量もなにもない。

 

ある意味、時間があっという間になくなって。

ある意味、承認欲求戦争に冷めてて。

良くも悪くも、SNSや人との距離感がちょうどよくって。

気づいたら朝日を浴びて、ほぼ変わらない日常を生きている。

 

 

そこそこ充実してた。

今思っても充実しているかもしれない。

 

責任感が必要な仕事があって。

在宅ワークで稼いだ分で欲しいものを買って。

母の日や、両親にごちそうしたりして。

マッチングアプリで出会って仲良くなった人とご飯に行って美味しいものを美味しいねって言い合ってたいらげて。

 

ようやく、人並みに、人並みに生きている実感があった。

引きこもりでどうしようもないクズだった自分が、ようやく、太陽の下で生きていると実感出来る日々だった。

素晴らしい日々で、人間としてようやく起動できた日々だった。

 

でも、心は穴だらけ。空洞だらけ。空っぽなままな気がする。

何も満たされない。

欲しいもの、食べたいもの、大切な人の笑顔や楽しそうな光景。

 

それらは、僕の心を穏やかにはしてくれるけれど、

それらは、僕の心を笑顔にはしてくれない。

 

足りない。なにか足りない。足りないものしかない。

ないものねだり?いや、なさすぎてねだりだよ。

 

 

好きな人がほしい。

恋だの、愛だの、ベタな二人でいたい。

 

 

みんな普通に好きな人がいて、作って、付き合って、結婚して、子ども生んだりして、自然の摂理みたく簡単にやってのけるのに、僕は未だに独りのままだ。

 

 

何をやっても上手く立ち回れなくて、

何をやっても満たされず、じんわりと痛み続ける寂しさみたいなものがこびりついていて、そんなときに大抵男は愚かな行為をとる。

 

昔の想い人や、懐かしい大切だった人に連絡を取ってみて、近況を聞いてみる。という最も安直な自殺行為をとったりする。

 

僕が、今、Nujabesに救いを求めてるのもそんな浅はかな理由だったりする。

 

昔の想い人に連絡をとった。

近況を聞きたくて。

今思い返せば、聞きたくもないし、聞く必要も意味も全く無い気がするのに、

なぜ、そのときは聞いたんだろうか不思議である。

きっと、口実で話したかっただけだと思う。

 

で、聞いて地獄、見て地獄。

どうやら彼女は、子どもを生んで育休中で、彼氏はいるが、独身らしい。

情報が多くて混乱したが、彼女らしいといえば彼女らしい気がする。

 

子どもに興味もなさそうな人が、子どもを育てているという現状に

時の流れの畜生さを感じた。

時の流れに身をまかせたら孤独死まっしぐらなんですけど、テレサ・テンさん。

みんな、流れに身をまかせながらもきっと舵を取って歩んでいるんだろうな

生きるために、未来のために、好きな人のために。

 

 

近況聞いて凹むってばかばかしいな。

愚かすぎて、そりゃ33歳32歳なら普通に子どもいて結婚してるって話よね。

あぁ、このまま好きな人もできず死んでいくのかしら。

 

まとまらないけど、

在宅ワークしなきゃいけないから終わる。

 

こんなつまらない人間になるなら、

承認欲求丸出しでインスタめちゃくちゃ投稿するおじさんになりたかったな。

 

 

なんか、浅はかな使い方で申し訳ないです。Nujabesさん